スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

動物の絵 

週末吉祥寺に行ったばかりなのに、と迷ったのだけどまた行ってしまった。
「動物画の奇才・薮内正幸の世界展」の事を知ったからなのでした。

いつかどこかで誰もが出会っている、時に詳細な、時に愛らしい動物画を描く巨匠。
うちにある動物図鑑は初版に近い古さなので挿絵が薮内さんではないのだけど、ほんと懐かしい。
そういえば、昔の図鑑って写真ではなく挿絵がほとんどだったなぁ。
「くちばし」の挿絵も物語も、懐かしい懐かしい。
色付きの原画はもちろんだけど、骨格標本のスケッチやトビの飼育日記なんかが興味深かった。
子供の頃から動物学者と文通をし、その手紙に書き添えた動物のスケッチを見込まれてその先生の元で更に動物の骨格を学び、動物画家として独り立ちする。
好きこそ物の・・・とは本当にこの人のためにあるような言葉。
それがたとえ捕食シーンであっても、常に動物への愛が感じられる暖かい絵なんだなぁ。
幼い頃、もちろんその動物を目の前にして、というわけには当然いかないけれど動物図鑑の挿絵を一生懸命真似して自分も一心に描いた事を思い出した。
これ、夫と行ってたら間違いなく猛禽類のポスター欲しがっただろうなぁ(笑)
驚くのはこの展示、入場料金が100円なの!今時ワンコイン!
会場にいたお子様もとーっても楽しそうに見てたので、親子の方にもお薦め。

「となり町戦争/三崎亜記」読了。
設定は素晴らしく面白いし、面白く出来たと思うんだけど・・・面白いのは香西さんだけだった。
皮膚感覚をベッドシーンでしか味わえない(表せない)なんて、物足りなさ過ぎる。
共感はおろか、嫌悪も感じないのだよ、誰にも。戦争の話なのに無味無臭。
映画にもなってるんだね、江口洋介かーあり得ん。

「バンテージ・ポイント」の感想はこちらへどうぞ。
劇場で観る気満々だったけどDVDスルーで良かった(笑)
逆回転モノをあまり観ていない場合は楽しめるかな?時間も短いしね。
「いのちの食べかた」の感想はこちらへどうぞ。
これは何、あれは何と観ている間中やたらと盛り上がる我が家、ちょっと変か(笑)

掲示板もどうぞ11


[2009/05/13 10:14] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fabfun.blog22.fc2.com/tb.php/175-d72477ab


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。