スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元気はつらつ 

86

昨晩は、まだやるのか・・・と思いながらもNHK「ディロン~運命の犬ふたたび」を。
動物モノはずるいというか(笑)どこで観ている者が胸キュンするかわかっている演出に「絶対引っかかるまい」と固い決意で臨むのにも関わらず、やはり引っかかる(笑)。
樋口さん演じる女性が、捨てられていたゴールデンも「自分の家に引き取るわ」と言い出したらドン引きだったのだけど、ギリギリ良識の範囲で収まっていて安心しました。

自分が選んで飼う事を決めた動物と、最後まで向き合うのが私は基本だと思っています。
その一匹、一羽、ただそれだけを最後まで大切にし続けるのが、やっぱり基本だと。
いくら頑張っても、世界中の動物を助ける事は物理的に出来ないのです。
そもそも、動物を飼うという行為自体に「そんなことは動物は望んでいないかも」という矛盾が存在する以上、助ける、という視点にも色々あって解決策は保護に留まらないのだと思います。
妄信的に愛護したいのなら、私ならきっと政治家になって法律から変えようとすると思います。
ペットを飼う際にマイクロチップを義務付けるだとか、ブリーダーも認可制にするとか。

今の私には、この我が家の一匹を育てる事しか多分出来ないでしょう。
もし迷い犬を見つけても、保護して公的機関へ届けるところまでしかきっと出来ません。
むなしい、とってもむなしいし、やりきれない。
だからこそ自分の手からそのむなしさを生まないように、せめて私はろろろだけでも大切にしよう、ただそれだけを実践するのみです。
これ以上は出来ない、だからこそ、出来る事だけを誠実に最後までやっていきます。

ドラマで、足元もおぼつかない老犬を抱く主人公に自分を重ね合わせ涙がホロリ。
と同時に、私にろろろを持ち上げられるのか、と一抹の不安が(笑)
そんな飼い主をよそに、ろろろは今日も元気一杯です!
随分以前に川へ釣りに行った時のろろろ。
この後調子に乗り過ぎて、足の裏がズルむけになったのでした。

掲示板もどうぞ11


[2008/09/16 20:14] ろろろのモロモロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fabfun.blog22.fc2.com/tb.php/131-2b7975ec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。