スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

坊やよりもオカンが寝んね 

常田富士男「民話の世界」というトークショーに行って来ました。
そう、あの「日本昔話」の声でお馴染みの声。
むかーしむかし、あるところに・・・を生で聞けて楽しいひとときでありました。
舞台が始まると照明がかなり抑えられて、常田さんが昔話を話すという至ってシンプルな内容。
私達の前に座っていたおばさま連中が、始まって間もなくガックリと頭を足れて眠り始めて(笑)
ま、適度な薄暗さはリラックス出来るし、あの声を聞きながら眠るのはある意味贅沢。
極限までリラックスしていた証拠だから、正解のような気もする。

親子連れが多く、それが会の趣旨に沿ったものだったからそれ自体は全く気にならないのだけど
今回はあくまでもトークを鑑賞する場であり、公の場。
あれ程まで延々泣き止まず、近くにいる人間が肝心要の常田さんの声が聞き取りにくい程であれば
やはり一旦すぐ傍のドアから会場を出るべきでは?と思う瞬間が何度か。
落ち着いたらまた戻ればいいのだし、要するに程度問題なのだからして。
マナーはマナー、これは今も昔も多分変わらない事だと思うのだけどなぁ。

それにしても。
アンケートで「あなたが印象に残る民話、昔話は?」という問いにとっさに反応できない自分。
あんなに読み聞かせをしてもらい、あんなに自分でも沢山絵本を読んできたのに。
そう、なんせ私はおっそろしく記憶力が悪いのです。
小説やら映画やら、とにかく入れた情報入れた情報、入れた先から忘れてしまう(笑)
今の私の姿は、間違いなく幼少期から培われた姿なのです。
今回のトークライブでも「文福茶釜」が話の一つにあったのだけど
間違いなく知っているし、狸の話だという事はわかっているのに・・・詳細が全く思い出せない。
初めて聞くような新鮮さでトークも聞いておりました。
なんでこんなに、覚えていないんだろう。
ようやく絞り出した印象に残る民話は「モチモチの木」。
でもこれって、そんなに古い作品じゃあ無いよね?

掲示板もどうぞ11


[2008/07/27 17:33] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fabfun.blog22.fc2.com/tb.php/125-5cb4adfe


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。