スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

つぶやき 

この2日間何となく体調がすぐれずいやーな予感がしていたけど、今日一日気分に任せて寝続けていたらスッキリ!あれ?単なる寝不足だったの?

最近TVを見るとやたらと真矢みきが目につく。
どうもこの方の喋り方というか滑舌が苦手だ、天海祐希もそう、ヅカ特有?あのカクカクした喋り。そして「しんやみき」じゃなく「まやみき」なのだという事にも今気付いた。

ボーッとしている間にカンヌの結果が出ていてビックリ、ついでに授賞式の録画を忘れていてガックリ(来月の再放送を忘れないようにせねば)。ハネケがパルムドール初受賞というのもちょっと意外な気もしたけれど、今年は審査委員長がイザベル・ユペールだから有利だったのかなぁ。
「白いリボン」以外も今年は例年以上に観たい作品がてんこ盛り。シャルロットが主演女優賞を獲ったトリアー監督の「アンチキリスト」もとっても怖そう(笑)日本映画頑張れ。
前半見忘れてガックリしたMXの「ジーザス・キャンプ」後半だけでも見られて良かったー面白かったー。真っ白な子供の心に植え付ける恐怖心たるや!凄まじい集団ヒステリー映像に夫婦共に引きまくり。だけど作り手の意図が前面に出ないよう控え目で良かったと思う。そう、彼らにだって主張する権利はちゃんとあるんだものね、民主主義だから。
同じ思想の人間だけが集うコミュニティーで生活し、それ以外の情報は入れず生活してたらそりゃ楽だよなぁ。だけどどうしてこう選民意識が強いんかなぁ、神様って一回でもそんな発言したのかなぁ。あくまで「同じ宗教の元」に平等なんだなぁ、おかしいなぁ。どうして彼らはあんなに戦闘好きなのかなぁ・・・もう不思議だらけっす。

「ブッシュ」の感想はこちらへどうぞ。
「ジーザス・キャンプ」後半でブッシュを神の如く仰ぐシーンが出て来て、あれだけアホでもこんなに支持してくれる団体がいれば再選も可能なのかも、としみじみ思った。パパブッシュがどれだけ偉大か疑問だけど、背負う家名が大きい子供は辛いねー。

「不安な童話/恩田陸」読了。
母親のキャラクターがユニークだったのに、そんな彼女が色情で狂うという点が妙に引っかかる、らしくないというのか。
それ以外はいつもの恩田ワールド、ラストの急な落とし方も。

掲示板もどうぞ11

スポンサーサイト

[2009/05/27 16:42] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)

ヒッコリーストライプのボックスプリーツスカート 

MPLのタイトスカートのアレンジでボックスプリーツスカートを作りました。
定期的に何度も作るパターンというのがあるけれど、これもそうだなぁ。
でも、今までどうした事か一度も縫った物を記録していない。どういうわけだ?
あまりに「ザ・通勤用」で地味目で、載せるのも何だかなというスカートが多かったからだろうな。


118続きを読む
[2009/05/25 17:21] ミシンのモロモロ | TB(0) | CM(0)

イタリーコットンで衿ぐりギャザーブラウス 

117


アネコットンの衿ぐりギャザーブラウス(廃盤)を作りました。
パーツの少なさで驚くなかれ、出来上がったものはシンプルながらとても可愛らしい形。
今まで何だかんだと縫うのを敬遠していたのは、このパターンに手順書が無かったからでして。
そういう意味でかつての私にとってアネコットンは敷居が高くて高くて、指くわえて見てました(笑)
それが、簡単な形とはいえ頭の中で3次元にパターンを組み立てながら縫えるなんて、人間1ミリずつでも成長してるんだねぇ。
適当にファスナー省いたりする、この適当さだけは全く成長しとらんのだが。
ギャザーファスナーを省いても頭が入るかどうか確認したくて、不要な布で身頃と衿ぐりだけ仮縫いしました。


続きを読む
[2009/05/19 21:31] ミシンのモロモロ | TB(0) | CM(0)

マスク難民 

豚インフルエンザの患者数が一気に増え、マスクが消えた。
数日前まで私が住んでる界隈(関東)では普通に見かけられたのに・・・
行き当たりばったりの行政の対応ではあったけれど、今回は大目に見てあげたい。
いつかくるその日のための予行演習だと思って、今回の事を今後しっかり検証して欲しいもの。
自治体の連携とか、今回休校になったために自宅待機となった子供達を誰が面倒を見るのかと問題になったらしいし、マスク一つとってもそう。
あと、関西の病院とか臨床検査センターは間違いなく今一杯一杯なはず。
そういう場所にヘルプで行ってあげられる人員を確保出来ないと、いざという時はパンクしそう。
せっかく休校になっているのだし、このまま患者数増加のペースが落ち着くといいのだけど・・・

「グラン・トリノ」の感想はこちらへどうぞ。
男・イーストウッドの真面目過ぎるほど真面目な、厳しい映画。
本当に素晴らしく、ラストに至っては涙がダダ漏れ(笑)大人ってのはこういうものでありたい。
「天使と悪魔」の感想はこちらへどうぞ。
前作でガッカリしたあなたも、諦めずにチャレンジしましょう!ただし、原作未読をお薦め。
劇場内予告で観た「ターミネーター4」は相当面白そう&暗そう。
最近の続編ものは初期の物よりグンと深刻にならざるを得ないのかしらね。

私信;メッセをくれたe○○さん
ひょっとしたら、以前あなたは柑橘系・・・だったでしょうか???
私の記憶が確かならば、とーっても嬉しい!
そして、一方的にしか連絡取れないのは不公平だと思うのでメールよこしなさい(ほぼ強制)

掲示板もどうぞ11

[2009/05/19 19:30] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)

フード付きスプリングコート(生成り) 

114


もう何年前に購入したのか、お店はどこだったのかすら怪しい麻デニム。
クロスにするくらいなら練習だと思って、と。
polka dropsで初めて購入。ボタンホールが直線ミシンで出来るという謳い文句に惹かれて。
肩幅はいい感じでピッタリなんだけど、全体の身頃にはやはり余裕が。
これはもうどう考えても布選びに失敗してるのだ、麻デニムでは厚過ぎ(堅過ぎ)る。
もっとだらしない、しどけない感じにしたかったので、もっと柔らかい生地じゃないと自分の好みとは離れちゃっていけませんなー。
でもこの手作り感満載なのもまたいいのかな?(よくありません)


続きを読む
[2009/05/13 14:03] ミシンのモロモロ | TB(0) | CM(0)

動物の絵 

週末吉祥寺に行ったばかりなのに、と迷ったのだけどまた行ってしまった。
「動物画の奇才・薮内正幸の世界展」の事を知ったからなのでした。

いつかどこかで誰もが出会っている、時に詳細な、時に愛らしい動物画を描く巨匠。
うちにある動物図鑑は初版に近い古さなので挿絵が薮内さんではないのだけど、ほんと懐かしい。
そういえば、昔の図鑑って写真ではなく挿絵がほとんどだったなぁ。
「くちばし」の挿絵も物語も、懐かしい懐かしい。
色付きの原画はもちろんだけど、骨格標本のスケッチやトビの飼育日記なんかが興味深かった。
子供の頃から動物学者と文通をし、その手紙に書き添えた動物のスケッチを見込まれてその先生の元で更に動物の骨格を学び、動物画家として独り立ちする。
好きこそ物の・・・とは本当にこの人のためにあるような言葉。
それがたとえ捕食シーンであっても、常に動物への愛が感じられる暖かい絵なんだなぁ。
幼い頃、もちろんその動物を目の前にして、というわけには当然いかないけれど動物図鑑の挿絵を一生懸命真似して自分も一心に描いた事を思い出した。
これ、夫と行ってたら間違いなく猛禽類のポスター欲しがっただろうなぁ(笑)
驚くのはこの展示、入場料金が100円なの!今時ワンコイン!
会場にいたお子様もとーっても楽しそうに見てたので、親子の方にもお薦め。

「となり町戦争/三崎亜記」読了。
設定は素晴らしく面白いし、面白く出来たと思うんだけど・・・面白いのは香西さんだけだった。
皮膚感覚をベッドシーンでしか味わえない(表せない)なんて、物足りなさ過ぎる。
共感はおろか、嫌悪も感じないのだよ、誰にも。戦争の話なのに無味無臭。
映画にもなってるんだね、江口洋介かーあり得ん。

「バンテージ・ポイント」の感想はこちらへどうぞ。
劇場で観る気満々だったけどDVDスルーで良かった(笑)
逆回転モノをあまり観ていない場合は楽しめるかな?時間も短いしね。
「いのちの食べかた」の感想はこちらへどうぞ。
これは何、あれは何と観ている間中やたらと盛り上がる我が家、ちょっと変か(笑)

掲示板もどうぞ11


[2009/05/13 10:14] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)

つぶやき 

うわーん、これ行きたいわー、行く人いませんかー。

あまりにも懐かしいので貼っとく。




リアルタイム世代で幸せだ、今見ると当時大混乱だったのが想像出来る(笑)

明日は晴れるのかしらん?
[2009/05/08 19:31] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(2)

連休中 

みなさん、大渋滞の中目的地にちゃんと着いてるんでしょうか?

我が家は特に目的なく、のんびりと(いや、ただやる事も無く)過ごしてまーす。
何か一つイベントでもと思って、シルク・ドゥ・ソレイユの「コルテオ」を観てきた。
金券ショップをウロウロしてたら、運良く3日のチケットがあったのだ(それもちょっぴり値下げ)。
初シルクだから他作品との比較が出来ないけど、とっても楽しかったー。
サーカスの淫靡で退廃的な、でもどこか物悲しい雰囲気に魅了されたし、何より超絶の肉体美!
体育ではなく、あくまでもショーアップされた芸術としての技の数々に感動しきり。
ただ、ラストが呆気なく訪れてちょっと拍子抜け。あれは私だけではなかったと思うなぁ。
座る位置によっては最後のシーンの全景を把握出来ないまま終わってしまうんじゃないかしらん?

清志郎が亡くなった、というのは少なからず日本の現バンド小僧、旧バンド小僧(少女含む)にショックを与えている事と思う。
オリジナルなんて作れなくてコピーで精一杯という中高生時代、学祭やイベントなんかでRCのコピーを聞かない事なんて皆無に等しかった。誰だって、誰だって弾いたし歌った。それは、きっと「日本語のロック」だったからで。
まだまだ若いのに、残念なニュースです、合掌。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の感想はこちらへどうぞ。
観ている間中極めて不愉快。あらゆる面で不愉快。でも目が離せない。
だけど私は思いたい、この人達が極めてレアなケースだったと。異常なケースだと、思いたい。

「夢にも思わない/宮部みゆき」読了。
こんなに思慮深い中学生っているのかな(笑)途中で彼らが中学生だったって事、忘れちゃった。
事件の解決が思いのほか早かったから、解くべきはこのクドウさんの胡散臭さかなと見当はついていたけど、こういうオチとはね。苦い初恋だー。

私信:motoGPにコメくださったチ○○様
   直接お返事差し上げたいのだけど、その術が無く。
   どこかで(もちろんネット上で)お会いしたような気がするけど、一体どこだったのか・・・
   ミシンとバイクの両方カモン、の方ってなかなかいないので大変嬉しかったです。
   なんならロッシ写真、メールでお送りいたします(笑)

掲示板もどうぞ11



[2009/05/04 16:13] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。