スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴのケーキ 

52


稲田多佳子さんの本でリンゴのカントリーケーキを作ってみた。
ハンドミキサーがないのでお菓子作りは滅多にしない。あったら作る・・・ような気もするけど、結局時間も掛かるし。あと食べてくれる人が相当甘い物にはうるさい人なので(笑)何作ってもどうせそこそこしか美味しいと思っていないんだろうと思われ。
だからいつまで経ってもお菓子作りは上手にならない、自分で言うのも何だが何作ってもそこそこの出来映えな気がします。「白くモッタリするまで」とかよく書いてある「モッタリさ」加減とかが、よくわかっていないのかもね。
でも秋に栗やリンゴを見ると「焼いて」みたり「煮て」みたくなってしまうのは乙女心か!?実際紅玉は焼くとほんとに美味しいんだよねぇ。
このケーキは非常に簡単、ほぼ混ぜるだけなので。バターも溶かしバターで良いので扱いやすい。出来て冷めたすぐより、一日置いた今日の方が格段に美味しかった。

掲示板もどうぞ11


53
スポンサーサイト

[2005/10/30 11:24] 食のモロモロ | TB(1) | CM(2)

テレビっこ 

休憩中だったお友達のサイトがいくつか再開されていた、お休みしたことで鋭気を養えたんだなぁと思うとホッとする。
そうそうその調子でマイペース、マイペース。

今週は2回病院に行き、2回映画館へ足を運び・・・と有意義に?過ごす。今週ずーーーーっと残業で帰宅は午前様だった同居人とはエライ違いだ(汗)いや、私なりに色々あるんだ、まぁ良しとする。
映画を観たり洋裁したり、そういう時間を無理してでも持とうという気持ちにも波があって、やりたいときにはその波を押さえず本能に従った方がいいのだろう。また休みたくなる時はやってくるのだし。

録画しようかどうしようか散々迷いつつ「それをやっちゃあおしまいよ」という心のブレーキが作用し(笑)観ていなかった「緋の十字架」「デザイナー」を鑑賞。このドラマは時間帯がガチンコ勝負だったのね!っつーことは家に居ながらでないと、どのみち両方を観ることは最初から不可能だったのかぁ。
何たって喜多嶋舞だ、初めて見た当初から何だか自信たっぷりなその立ち居振る舞いで面白い人だなぁと思ってたけど、離婚でブレイクだな(笑)この時間帯の東海テレビは、このポジションの役が一番美味しいに決まってる。やってて楽しいだろうなぁ、お似合いです。
「デザイナー」はちょっと安っぽいかなぁ・・・一条先生の描く女性を実際に演じるのって難しいと思う、体中からプライドが滲み出ないといけないものね。そして塩谷瞬、あなたは一体なぜ朱鷺に???私にはどうしてもあのマッシュルームヘアが脳裏にちらつきます、でもこれで知名度は上がるだろうけど。
あとあれだ「花より男子」。どうなんでしょう、正直私には松潤がどうしても道明寺に見えないんですが。背格好の問題もあるし、マンガの道明寺より幼く見える面立ちなのかも。つくし、どっかで見たことある下ぶくれぎみの可愛い女の子・・・「キッズウォー」からこんなに出世したんだね、凄い!
どうでもいいけど彼の写真だけがtopページにないのは明らかに変だと思う、やはりJ事務所の意向なんだろうか。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/29 15:50] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(8)

ローマだって一日にして成らず 

お味噌汁をカツオだしから久しぶりに煮干しに変えてみた。
汁を口に含む前から鼻から入ってくるカツオだしの主張の強さとは違って、実に控え目。でも昔から慣れた味もたまにはいいなぁと思う。
しばらくはこれでもいいか、な。

あまり情報番組は見ない、もちろん嫌ってるんじゃなくて単に見る機会が少ないっていうだけで。見始めると絶対に自分の知らなかった情報が一つくらいあるものだしね。
でもデータが余りにも少ない実験で「この実験データを元にして・・・」とか言ってる情報には騙されないように気を付けてます(笑)「n」命、なのでね。
ダイエットや成人病予防なんかに関する情報が毎日溢れているらしく、一昔前なら「健康オタクなの?」って言われちゃうくらいに職場のオカン達も日々情報収集に余念がない。
「一日3分、3セットで痩せる体操」とか「夜食べると脳梗塞になりにくい食べ物」とか「ボケ防止によい運動」とか・・・黒酢に漬けた何かとか、玉ねぎがどうしたとか色々教えてくれるんだけど・・・で、一体その効果は自分の体にあったのか?最近は満里奈の宣伝効果でピラティスも話題に上ってるけど、ティラピスじゃないからね、まず名前覚えようね。もちろんティラミスでもテラピアでもないよ!
夏場、ところてん食べてる人が結構いたの、職場にも。でも今1人もいないからね、やっと買いやすくなったってのに(笑)「だって寒いと冷たいものって進まないでしょ?」って、ダイエットにお休みなんてないじゃないかよぅ、一日でなんて痩せないっての。
なんか昼間のみ○も○たとか、罪深いよね。もちろん信じすぎる方がバカなんだけど、それにしても無責任な気がしてしまうもん。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/25 21:49] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(6)

お国言葉 

さっきマシュー何とか(初めて観ました、どうしてマシューなの?)という番組で方言バトル・・・のようなコーナーを拝見。
多かれ少なかれ訛は地方によってそれぞれあると思うんだけど、東北訛は何となくホノボノした気持ちになるのはどうしてなんだろうね(笑)語尾のバリエーションだけでなく、単語そのものが変化してたりしてとても難しいし。
でも「〜こく」ってのは私も使ってます、現在進行形というより生まれ故郷もそうでした。「いいフリこく(素敵な格好をする)」の「こく」って着るという場合だけじゃなくて動詞(do)全般に使ってOKですよね?(って確認のしようもないけどさぁ)。
「屁をこく」のこくもそうでしょう?すみません、適当な例えが見つからなくて・・・「バカこくでねぇ」って時のこくは「言う」だものね。
私の場合偶然出会う確立は皆無に等しいけど、同じ故郷の言葉を使っている人に会うとやはり嬉しいものです。同じように私もここで生活しながら、ここの言葉を無意識のうちにいつか使うようになっているのだろうな。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/18 21:06] 日々のモロモロ | TB(0) | CM(6)

鳥ハム 

51


いつか作ろうと思っていた鳥ハム、やっと試してみました。
色々と作り方はあるようなんだけど、「なんだろね(´・ω・`)」のヨポポさんのレシピが一番わかりやすいし美味しそう。始めに短時間茹ででから冷ます方法より、より一層柔らかく仕上がりそうですしね。
今回はハチミツとハーブソルトを使ってみました。
薄味に、柔らかく仕上がりました!確かにハムっぽい(いや、ハムは元々蒸し鳥っぽい歯応えなんだけどさ)。ハムって案外高い食材なんだよね、加工食品だから当然なのかもしれないけど。
でもこれは時間はかかるけど待つだけ調理、なので簡単だし特売のお肉で作ればかなりお得だよね。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/17 21:29] 食のモロモロ | TB(0) | CM(0)

手羽の黒酢煮 

48


最近食べ物ばかり載せてるなぁ・・・まぁいいか(いいのか?)いつも適当に作るレシピも分量を一回記録してみるのも面白いかもしれないし。
主菜となる肉や魚の煮込みを食べたくなる季節です。購入したまま使っていなかった激安の黒酢を使って、一度作ってみたかった「黒酢煮込み」を試しに。
今はほんとに便利だ、ネットで検索するとレシピがサクサクと出てくるのよね。でもその分「これだ!」というレシピがどれなのかサッパリわからない(泣)味覚は人それぞれだから調味料の配合に正解、なんてのが存在しているわけではない。だから一つ二つ見比べて「これはもうちょっと甘めがいいかも」とか、一度脳内調味して想像し、最終的には自分の舌で確認するしかない。

1・トリ手羽元10本はフォークでプスプス数カ所刺しておき、サラダ油を熱した鍋で焦げ目が付くまで表面を焼きつける。
2・あれば干し椎茸適宜(今回は7枚)を戻しておく(戻し汁も取っておく)。玉ねぎ1/2個は荒みじん切りに。
3・黒酢1/4カップ(以下C)、醤油1/4C、紹興酒1/4C、砂糖1/4C(より少なくてもいい、甘みは好き好きで)はちみつ大さじ1、椎茸の戻し汁1Cを鍋に入れ、1で焼いた手羽元とショウガ一片の薄切り、そして玉ねぎを加えて入れてヒタヒタになるくらいの水を足して強火にかける。
4・後はアクをすくいながらじっくりと1時間以上煮込む。途中水気がなくなったら足して。煮上がったときはほぼ煮汁がなくなるくらいで出来上がり(最後にコショウも)。

50


こうやって見ると肉のアップってちょっと奇妙ね(笑)
絶妙に美味しく出来上がりましたー♪1時間ぐらいでもうホロホロのトロトロに煮上がります、旨いー。
もっと材料の分量が増えれば加える水の量を増やすようにして、調味料自体は大体この感じで良さそう(合わせて1Cって覚えておけばいいもんね)。
今回玉ねぎが残っていたので加えましたが、ネギのぶつ切りが本当はいいんだと思います。あ、でも玉ねぎもトロトロで美味しいんだけどね。これにゆで卵を加えて煮卵もいいでしょう。
お肉の隣に見えてるのはナムル風の和え物です。これも簡単で美味しい、大好きなモヤシの食べ方です。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/12 20:52] 食のモロモロ | TB(0) | CM(2)

サンマの南蛮漬け 

47


歳取ってくると酸味が食事のアクセントとして嬉しくなってくるのか。子供の頃は白いご飯に酢、というのは酢飯以外は許せなかったのだが(笑)とりあえず今なら南蛮漬けにしておけば何でもそれなりに美味しく食べられるから不思議だ。
うちでの南蛮漬けの黄金率は酢3・醤油2・みりん(砂糖)2 です。
だしで割って上品に・・・というのはダメで、出来る限り味を濃いめに作っています。好き好きがあるでしょうが、南蛮漬けはハッキリしている味の方が我が家ではウケがいいです。
小アジならタマネギをたっぷりと添えますが、今回はサンマなので薬味のショウガとネギをみじん切りにして漬け汁に加えました。

サンマは内臓を取ってぶつ切りに。片栗粉(小麦粉でも)をまんべんなくつける。ピーマンは種を取って食べやすい大きさに。
ヒタヒタに漬かる程度に漬け汁を作っておき、薬味と鷹の爪も加えておく。
中温の油で5,6分サンマを揚げてジュッと漬け汁の中へ。ピーマンもサッと揚げたら漬け汁へ。冷やして時間をおいた方が美味しいですよ。

砂糖を使うと汁気は少な目で甘みが強くなります。私はみりんを使う方が多いかも。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/10 13:45] 食のモロモロ | TB(0) | CM(4)

2005F1 日本GP 決勝 

「ライコネンが凄まじい粘りで優勝」

予選から波乱の予感だった今年の鈴鹿、天候も回復してどういう展開になるんだろうとは思っておりました。
来期のシートの事もあるし、どうしても結果が欲しい琢磨だったはずなのですが・・・スタート直後の1コーナーでまさかまさかのオーバーラン!日本中から溜息が漏れたんじゃないでしょうか(笑)
録画だったんだけど、正直見ている分にはなかなか面白かったです。琢磨のガッカリに続きモントーヤのクラッシュでSCの登場、これで俄然面白くなった。ラルフのトップが奪われたのは残念だけどレースはその後目まぐるしく動いたもんね。アロンソVSシューマッハの新旧チャンプの小競り合いもそうだし、最終周までもつれ込んだライコネンVSフィジケラのトップ争いも見応えがありました。
鈴鹿は難しい、抜けないって散々マッチとか右京は言ってたけど上手い人には関係ないって話だよね(笑)
終わってみれば1位から3位までをルノーとマクラーレンで独占、今年を象徴しておりますな。中国GPまでコンストラクターズ・チャンピオンシップは決まらないという結果に。
日本勢だけを見るとBARのバトンが5位で最高という残念な結果。途中トゥルーリに琢磨が接触した事によってトゥルーリはリタイア、審議対象となって13位フィニッシュの琢磨は順位取り消し・・・うぅどうなるんだよ、ほんとに。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/10 13:18] バイク・車のモロモロ | TB(4) | CM(0)

いい湯だな、アハハーン 

46


お風呂が大嫌い、大暴れというワンちゃんとは対照的に我が家のろろろはお風呂大好きです。毎日入りたくて仕方がない、といった様子でお風呂の様子を見てモジモジしております。
お風呂好きというよりも一定時間ご主人様にマッサージされているのが心地良いのかもしれないですねぇ。

掲示板もどうぞ11

[2005/10/08 10:13] ろろろのモロモロ | TB(1) | CM(2)

小指の思い出(うそ、「恋愛バトン」ですよ) 

「気まま日記」のてるみさんから受け取りました「恋愛バトル」・・・じゃなくて「恋愛バトン」。どこまで真面目に答えるべきなんでしょうかねぇ、困りますねぇ(笑)。
続きを読む
[2005/10/04 20:05] 日々のモロモロ | TB(1) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。